読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハッピースマイル!~笑顔はみんなを救う~

せっかくの人生楽しまなきゃ損だよ!という考えのもとに自分の今までの経験で気づいたこと体感したことを交えながら好きなことを気のままに日々綴っています。ひとりでも多くの人が今日も笑顔で過ごせますように!

〜人生大転換期となる出来事、完全なるキャパオーバー〜

今からさかのぼる事約3年前。

3人目の出産を終え、保育園の関係で4ヶ月目には職場復帰をせざるをえなくて、復帰が早いなぁと思いながら働き始めました。

 仕事に復帰してすぐ異動になり、私は毎晩のように勉強をするようになりました。

 

 

ほぼ毎日してたこと・・

朝起きて2人分の弁当を作り、主人や子供たちを起こして朝食を食べ、主人を送り出して、赤ちゃんの授乳をして、3人連れて車で片道20分かけて保育園へ送り届けて、それから車で30分かけて職場へ。

 

仕事が終わってから保育園に迎えに行き、自宅に帰り着き、夕食を作って食べさせて、お風呂に入れて、歯磨きさせて、寝かせる。夜中に起きれば授乳をする。

 

 

 

毎日毎日同じ事の繰り返し。

主人は協力的な方なので、たくさん手伝ってくれました。

ただ、仕事の都合で帰ってこれないことも多く、そんな時はもちろん1人で全部こなしてました。

 

 こんな忙しい中でも手抜きができず、全てに全力投球してました。

 

公私ともにたくさんの問題を抱えていて、精神的にはギリギリの状態でした。

それでも仕事が楽しくて辞めたいなんて思いもせず、毎日が過ぎて行きました。

 

そして、いつからか寝つきが悪くなることが少しずつ増えてきました。

子供たちに対して、自分のイライラをぶつけるかの様に怒鳴ってました。

 そして、子供の寝顔を見て、申し訳ない気持ちが溢れて、自分を責めて泣くことが良くありました。

 

数ヶ月寝つきが悪く、眠りも浅く、うなされて夜中に起きたりする状態が続きました。
 
そしてある朝、遂に感情失禁が出ました。
特に何があった訳でもないのに緊張の糸が切れたのか急に涙が止まらないないのです。
 
 
子供たちは
「ママ、どうしたと?」
と心配そうに見つめてます。
 
もう、無理だと思いました。
その日は仕事を休みましたが、休むと罪悪感に苛まれました。
だからまた頑張るんです。

 

悪循環の始まりです。


 
それを繰り返してると感情のコントロールが効かなくなりました。

自分が自分じゃないというか、地に足がついてないような感じでした。

 

そして、病院を受診し、うつと診断され、その日から休職し、薬での治療が始まりました。